医療福祉業界ピックアップニュース
医療福祉業界ピックアップニュース
文書作成日:2024/06/20
訪問看護管理療養費、6月算定する場合の届出期限が7/1まで延長

 表題のとおり、訪問看護管理療養費を6月に算定する場合の施設基準の届出期限が延長され、7月1日までに届出を行えば、6月1日より算定できます。

 訪問看護管理療養費は、質の高い訪問看護を確保するための評価です。今年度の診療報酬改定で見直しが行われ、月の2日目以降の訪問の場合について、一律3,000円とされていた評価が、次の2つの区分に分類されています。


 訪問看護管理療養費:月の2日目以降の訪問の場合(1日につき)

  • 訪問看護管理療養費1 3,000円
  • 訪問看護管理療養費2 2,500円

 同一建物居住者の割合や利用者の状態を考慮し、負担が比較的軽い場合の評価を引き下げられた形になります。

 あわせて、上記2区分についてそれぞれ施設基準が設定されており、2024年3月31日時点における指定訪問看護事業者については、今年9月30日までは「訪問看護管理療養費1の基準に該当するものとみなす」との経過措置が設けられています。この経過措置の対象となる事業者についても、上記の施設基準の届出は必要となりますので、ご注意ください。

[出典]厚生労働省「資料

 今回の期限延長に伴い、これに関するQ&Aもあわせて5問示されています。詳細は、以下の厚生労働省の事務連絡をご確認ください。

[参考]
 厚生労働省事務連絡「令和6年度診療報酬改定で新設された「訪問看護管理療養費1」及び 「訪問看護管理療養費2」に係る届出について(2024年5月28日発出)

※文書作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 本情報の転載および著作権法に定められた条件以外の複製等を禁じます。
左のボタン1

左のボタン2
お問合せ
八木澤税理士事務所
〒302−0128
茨城県守谷市けやき台2−35−2
TEL:0120−970−007
   
  0297−20−6500
FAX: 0297−20−6501